Archive for » 6月, 2011 «

カップヌードルが当たる「ヌードル食えスト」

カップヌードルを愛するわたくし、さきほどケースが当たりました(^^)。
ヌードル食えスト
ゲームというより、ひたすら「運」です。これから参加の人でも、まだチャンスあり!
やってみませんか?

当たるカップヌードルは、オリジナル(醤油味)の1ケース(20個入り)です。

今回レジェンド王となったのは、マルゲリー国の31代国王mikimarulogです。

 
 

発電床の今後が気になる

以前に、駅のように人がたくさん通る場所で、階段や床に発電器を入れたらどうかという話を見聞きしたことがあるのだが、その後はどうなのだろう。

検索したが、ITMediaで2008年に東京駅、2010年にヴィッセル神戸のホームでの例を紹介しているのが見つかったのみ。電力不足が叫ばれる昨今、こういう事業がもっと増えるのはいいことだと思う。

2008年12月のITMedia News記事
歩けば発電する「発電床」、改良型をJR東京駅で実験

ITMedia News 内「駅 発電」の検索結果

 
 

Amazon返品体験

先日も書いた件のつづきです。通販では滅多に返品したことがありません。それはわたしが買う商品の大半が、食品と書籍だからです。

食品は生産者や販売者の方が心をこめて事故がないように詰めてくださることがほとんどで、書籍は中味が自分の思っていたものと異なってもそんな理由で返品するのはおかしいと思うから(そういうリスクをこみで自分で通販を選んでいる)です。

で、今回はAmazon.co.jpで、ある輸入品(瓶詰め食品)を返品しました。この写真に写っている右側のものです。
(左側はたいへん美味しくいただいて、別ブログに感想を記載済み)。
Amazonで購入した瓶詰め商品

蓋の上部がペコペコと動きました。蓋の脇(爪部分)も、なんだか不自然なへこみがありました。賞味期限は製造から2年のところ、あと2ヶ月でした。これだけ条件が揃ったら出荷時に何か気づけばいいのにと、正直な感想として思います。

Amazonの購入記録から、返品の欄をクリックしました。すると、食品だからなのか、到着予定日よりも早く着いたからなのか、返品の詳細に進めません。返品可能期限が前日になっていて、この商品はカスタマーセンターに連絡してくださいと、メールフォームがでます。

仕方ないので、出てきたそのメール欄に返品したい理由を書いて送信すると、3時間後に簡単なお詫びと、返品方法へのリンクがきました。そのリンクを見ると、郵便事業会社に登録して集荷を待つか、ほかの会社を使う場合は…などの説明があります。

ですが、(わたしが思うに)いきなり商品だけが返品されたらわけがわからないだろうから、何か返品メニューの指示に従って印刷したものを同封したり、あるいは何か説明を書いた紙を入れるなどの具体的指示があるのだろうと、もう一度メール連絡をしました。返品メニューに進めないからメール連絡したのだが、このままで(メニューを進まなくて)いいのかと。

…返事があって、ただ郵便事業会社を呼べばいいとのこと。そこで、初回のメールの返事にあった郵便事業会社に移動し、Amazon返品用のメニューに名前と住所を登録。いつきてほしいかとあったので、その日を入力して、商品のみを梱包して集荷を待ちました。

わたしからの返品が到着したであろう日から、さらに翌日、返品を受けとりましたのメールと、その数時間後に、クレジットカードに返金しておきましたとのメール。以上で終了。簡単で早いことを評価する人もいるかもしれないけれど、気持ちがこもってなさすぎ。お金を返せば、それでいいのでしょうか。

物流と合理性では、Amazonはすばらしいかもしれない。でももう少し、苦情や意見には親身に耳を傾ける人がいるような、温かみも感じたいです。